やわらかローカル工学徒日誌

競馬予想、ストラテジーゲーム、たまに工学の記事を書きます。競馬:未勝利戦だけプラス収支(2017年)。ストラテジー:Civ5創造主。工学:修士。

京成杯予想+単勝閾値オッズ

f:id:toripuran:20180114024052p:plain

 

閾値単勝オッズ(連で買うことを前提にしないので、印と評価が違います)

本命:⑤コズミックフォース4

対抗:④ロジティナ15 ⑧ダブルシャープ15 ⑨サクステッド15 ⑩デルタバローズ10 ⑮ジェネラーレウーノ6

 

ホープフルや朝日杯に出なかった(or負けた)二番手集団のレース。

基準タイム:中山なので2分3秒以内を持っていれば展開次第で。最初の直線の分タイムがばらつくので、むしろスローからなら上がりを35で使える馬、という基準で。

例年の展開:直線をフルに使ってスローな前争い、後方からの差し決着が多い。

枠の有利不利:あまりない。ただし8枠からの先行勝ちは、ここ10年でエイシンフラッシュだけ。1コーナー四番手以内で馬券に絡んだ馬の番号は、6,4,13(←エイシンフラッシュ),5,2,7,3,4とかなり内に寄っている。

人気馬の立ち位置:一番人気は大体複勝圏だが、先行した人気馬(特に二番手以降)が思いっきり沈んだところに差し馬が突っ込んでくる傾向あり。

血統:基本はSS系で、それ以外の馬も35を切る上がりを使ってくる。ディープよりステゴ。

その他:前走では「不人気だったのに好走した」馬が食い込んでくる。ここ五年の複勝圏15頭中6頭が、前走6番人気以下から複勝圏。

 

実績:ジェネラーレウーノ≧コスモイグナーツ>ダブルシャープ>>ライトカラカゼ>ロジティナ

持ち時計実質水準以上:ジェネラーレウーノ>エイムアンドエンド>ギャンブラー≧ロジティナ、コズミックフォース、ライトカラカゼ、ジョリルミエール>タイキフェルヴェール

上がり35秒以内:コズミックフォース、ロジティナ(34)、サクステッド(34-)、ジェネラーレウーノ(34-35)、ギャンブラー(34.5)、ダブルシャープ(~35)、ライトカラカゼ、エイムアンドエンド、イェッツト、コスモイグナーツ(35)

 

以下印象

①イエッツト:前走新馬戦はそれなりのメンバーの中、上がりを含めていい走りっぷり。ただし和田騎手が好位に着けての前残りで、不慣れな面も見せており、調教タイムが上がっているわけでもない。内枠、蛯名騎手はいいが、このメンツで内に揉まれるのは不安。人気なら見送る。

 

②コスモイグナーツ:とてもスタートのいい逃げ馬で内枠。水準の上りは持っているが理想の逃げで35秒。ハイペースではもっと遅い。軸にできそうな馬だが、この馬が勝つ展開で他の馬と組み合わせるのが難しいし、エイシンフラッシュ産駒ってことくらいしかいいところがない。

色々書いたけど、ルーカスといいカフジバンガードといい、おれはワグネリアン以外の東スポ2歳S組があまり好きではないんだな。現地で見てた分。

 

③ヤマノグラップル:さすがに色々と変えすぎ

 

④ロジティナ:前走は大外回して34.3の上り。その前のレースでコスモイグナーツを指し損ねた分、無理をしてでも外を回したものか。大型馬で多頭数を気にしないのも良い。調教も実戦重視で力が入っており、このまま9番人気ならとてもおいしい。

 

⑤コズミックフォース:この中では明らかに上位。キメがあり適性も十分。負けた試合は超ドスロー後方から3位。問答無用で軸。

 

スラッシュメタル新馬は強い競馬。二走目はタイムフライヤーやグレイル相手に強い競馬をしようとして失敗。大敗するほどひどくない馬に見えるので、オッズが低めなら全然いけるライン。

 

⑦エイムアンドエンド:500万を勝ち切る力は既にある。一走目は重馬場強敵謎騎乗で度外視。ただ前残りで勝っている馬で末は切れず、気性もよくないので、ここではないだろ、という感じ......だったのだが、調教はかなり良い。迷いどころなので、展開を前残りに寄せるなら入れるということで。

 

⑧ダブルシャープ:実績上位。ただ距離が伸びるとその分最後のキレが鈍り、差しを前提にするならここはなんとも。

 

⑨サクステッド:新馬の一走目は強い相手と競って好タイムでの一位。二走目は重馬場で惜敗。距離延長はあるが、調教成績もよいし、一着までありうる。パドックを見たいけれど推せる!

 

⑩デルタバローズ:強い相手に強いタイムで勝ってきた見るからに強い馬。ただ雨のマイル新馬戦で勝ってきた外の先行馬を一番人気にしちゃうのはどうなの、という気持ちもあり。こいつが飛ぶ方に賭けたいというか、勝っちゃったらしょうがないかな。

 

⑪ライトカラカゼ:安定した逃げ馬。ただ負けた相手がぱっとせず、前残りで勝てただけなので、切る。

 

⑫タイキフェルヴェール:芝替わり。水準以上だ思うが、連に入れて計算するほどではない。

 

⑬ギャンブラー:立て直している途中で外の先行馬。

 

⑭ジョリルミエール:ギリ未勝利を勝った馬。

 

⑮ジェネラーレウーノ:実力は一番か二番。ただ枠が......。