やわらかローカル工学徒日誌

競馬予想、ストラテジーゲーム、たまに工学の記事を書きます。競馬:未勝利戦だけプラス収支(2017年)。ストラテジー:Civ5創造主。工学:修士。

ダイヤモンドS予想

ダイヤモンドS            
勝率マトリクス(%) 1着 2着 3着   単勝 複勝
フェイムゲーム 25 20 15 衰えはあるが実績・追い込みのスピード・血統全て向いている。後ろからだがぬるりと抜いてくる。前走ステイヤーズSからの馬は少なく、勝負がかりかが不安。ステイSでは体重重めでの好走。 0.04 0.016667
ホウオウドリーム 15 15 10 最長26のルーラーシップ産駒、追い込み馬。母父メジロライアンは中長距離。24の1600万条件程度の馬だが、余裕を持って追い込まれている。 0.066667 0.025
レジェンドセラー 5 5 5 最長26のルーラーシップ産駒、やや後ろから。しかし母型スペシャルウィークで、26では勝ちきれず、いろいろ試しているだけ感がある。こいつよりはホウオウドリーム・リッジマン。 0.2 0.066667
リッジマン 20 20 20 長距離の蛯名騎手。レジェンドセラーと走って勝っているが、騎乗の差という感じも。万葉経験済みなので、さらに軽くなっていれば。調教は良くはない。 0.05 0.016667
プレストウィック 5 5 5 ギリ馬券から外れてきたが、安定した馬。アルバートがいない分上がると思えば。戸崎騎手の長距離もそこそこ。もし渋ればよりよいダイワメジャー 0.2 0.066667
ソールインパク 5 5 5 なんで来たのかわからない。長距離の福永騎手。 0.2 0.066667
リッチーリッチー 0 0 0 転厩馬とはいえ、調教タイムが遅くて不安。最長2400。早めに追ったとはいえ、前走もへとへとで長距離行けるのか。 #DIV/0! #DIV/0!
グランアルマダ 5 5 5 前目以外強調する点がない。万葉で太っているので、まず痩せていなければ考慮外。 0.2 0.066667
ハッピーモーメント 5 5 5 前回よりは良い調教だが、衰えは明らか。でも長距離初挑戦でトニービン、貴重な前目。 0.2 0.066667
ラブラドライト 5 5 5 去年より良いくらい。血筋が滅茶苦茶だが前目だしいっそ面白い。 0.2 0.066667
トレジャーマップ 0 0 5 長距離初挑戦。やや前目。ステゴでキレが悪いタイプなので、ワンチャン。ただ調教はいまいち。 #DIV/0! 0.2
トウシンモンステラ 5 10 15 万葉ではラブラドライトより上。アルゼンチンではプレストウィックより上。好調教。 0.2 0.033333
  95 95 95   0.010526 0.003509

 

 

東京1R            
勝率マトリクス(%) 1着 2着 3着   単勝 複勝
ロジヒューズ 10 10 10 前走は不調馬場で内枠から先頭取って二着。父系母系とも不良に強い血統なので、割り引くべき。調教もいまいち。 0.1 0.033333
アポロアミ 10 10 10 調教はやや物足りない。ディープブリランテブライアンズタイムでダート向きの謎馬。向くかは微妙だが実績はある。上りそこそこで、二戦とも好位差しが決まった形。パワー系でないので、坂は微妙だとすると、中山から東京に変わるのはやや+か。 0.1 0.033333
パーラミター 25 20 15 プリサイズエンドの短縮馬。ハナが取れる。右回り難ありぽいので東京に来るのも魅力的。調教も十分でキングドンドルマに先行。 0.04 0.016667
レインボーボニート 15 5 5 スズカマンボタイキシャトル。調教が四秒縮んで非常に速い(ほんとか?)。戸崎騎手なのもよい。最初が芝だったから好位が取れただけでは?伸るか反るか。 0.066667 0.04
シングシングシング 10 10 10 前走不良馬場で計算しづらいが、大外回って五着。血統もダート向き。調教は微妙とはいえ、ルメールの内枠ではまりうる。 0.1 0.033333
エリープラネット 5 5 5 完全に後ろからの馬。乾いた馬場では届いておらず、ちょっと厳しめに見るべき。 0.2 0.066667
ブロンドキュート 5 5 5 フレンチデピュティで中山よりは東京の方がいいはず。前走の内容はいいものの、位置取り次第のところがあるのに外枠なのはつらい。 0.2 0.066667
タマノパルフェット 5 5 5 前が取れて戸崎騎手。追切がやや物足りないが、負けた前走は前崩れなので、もう少し期待していいはず。 0.2 0.066667
ユウキャン 5 10 10 前目。ダート代わりストロングリターン好調教。穴目だが、問題は少し短いことか。 0.2 0.04
ウィンソリティア 0 0 0 ダート代わり。調教はやや良いが、ステゴでここに来るのは無理目。 #DIV/0! #DIV/0!
クイーンディアス 0 5 5 ヨハネスブルグのダート代わり。ただ騎手が本気に見えない。 #DIV/0! 0.1
プリンセスティナ 0 0 5 調教が良化というか、タイムがいい。先頭集団とは差。 #DIV/0! 0.2
  90 85 85   0.011111 0.003846

 

 

共同通信杯・クイーンC2018等、馬券回顧

今週のまとめ

全体収支:3400→4530 (133%)

重賞:1300→1550(119%)

未勝利:2100→2980(142%)

単勝:500→1940

馬連:100→0

馬単:200→0

複勝:1000→970

ワイド:1400→1100

枠連:200→0

 

共同通信杯

複勝:ゴーフォザサミット:200円

ワイド:オウケンムーン→ゴーフォザサミット・グレイル:各100円

馬連:グレイル→ゴーフォザサミット:100円

結果:

オウケンムーン→サトノソルタス→エイムアンドエンド(→ゴーフォザサミット)

 

直前の予想

本線:グレイル→ゴーフォザサミット・ステイフーリッシュ

裏筋:サトノソルタス→カフジバンガード・コスモイグナーツ

絡めてお買い得:オウケンムーン・アメリカンワールド

 

外枠と内枠に有力馬が分かれた多頭数。パドックで本線と裏筋の片方に決め打つことにした。

パドック・返し馬を見たときは「グレイル・・・なんてすごい馬だ」と思った。ステイフーリッシュが暴れ気味で点数を減らせそうだったこともあり、本線+オウケンムーン(アメリカンワールドは期待値よりオッズが低かった)で勝負。

見た目は惜しい?のですが、グレイルは裏筋でなお勝ち負けに絡むレベルと見ていたので、なぜ伸びなかったのかは突き止めたい。

 

クイーンC

単勝:テトラドラクマ:200円→1120円

複勝:アルーシャ:100円→430円

馬単:テトラドラクマ→マウレア・オハナ:各100円

ワイド:マウレア→テトラドラクマ・オハナ:各100円

結果

テトラドラクマ→フィニフティ→アルーシャ(→オハナ→マウレア)

直前の予想

馬場には行かず、オッズを見ながらツイッターで他の人のパドックを参考にする。

テトラドラクマは普通に走れば一着。逆に飛ぶとしたら圏外と見て、頭で買っていく。上手くはまった。

アルーシャ連対を裏筋と見ており、直前まで悩むが、「ガレている」との情報が入ったので切る。馬券的な損はあまりなかった(テトラとのワイドを切ってしまったくらい)が、予想的には失敗。

オハナ・マウレアは「一着はないが馬券圏内5割以上」と見ていたが、フィニフティ・アルーシャに押し出されてしまった。これはしょうがない。

 

未勝利戦

1400ダート
日付 受付番号 通番 場名 曜日 レース 式別 馬/組番 購入金額 的中/返還 払戻単価 払戻/返還金額
20180211 1 1 東京 1 複勝 6 300 的中06 260 780
20180211 1 2 東京 1 ワイド 01―02 200 0
20180211 1 3 東京 1 ワイド 01―06 100 的中01―06 1100 1100

上位拮抗のレース。調教が良いウィンメディアムは、ヘニーヒューズ産駒なので乾いたダートへ変わるのもプラス。狙える穴目。また、フラミンゴは拮抗した上位の中で、前走不利展開からの二着と抜けた存在と見る。これに内枠の有力どころ、サンメイコンを加えて勝負。

しかしまさかウィンメディアムが一着まで行くとは……。

 

1300ダート
20180211 2 1 東京 2 単勝 3 100 0
20180211 2 2 東京 2 複勝 3 100 0
20180211 2 3 東京 2 ワイド 03―05 100 0
20180211 2 4 東京 2 ワイド 03―10 100 0
20180211 2 5 東京 2 ワイド 03―11 100 0

212倍付いたダート代わり馬、血統は東京ダート向きのサクラプレジデント、調教もいい、上位どころは不安含み、これは大儲けのチャンス!→最下位

 

2100ダート
20180212 4 1 東京 2 複勝 6 200 0
20180212 4 2 東京 2 ワイド 06―07 100 0
20180212 4 3 東京 2 ワイド 06―09 100 0
20180212 4 4 東京 2 枠連 3―6 100 0

上位拮抗レースで比較的レベルの高い未勝利戦。前走強い競馬で二着・オルフェ+APインディの血統馬サルーテが9倍付いており、東京ならいけると読む。結果四着。これはしょうがない。

 

1200芝
20180213 6 1 小倉 3 単勝 7 100 0
20180213 6 2 小倉 3 単勝 8 100 的中08 820 820
20180213 6 3 小倉 3 複勝 8 100 的中08 280 280
20180213 6 4 小倉 3 ワイド 08―12 100 0
20180213 6 5 小倉 3 枠連 4―6 100 0
    合計           500     1100

雪で延期された小倉の芝。

明らかに右回りが悪そうなヤマニンディアリー・ドリームジャンボが上位支持を受けており、逆に下り坂の短距離が合うリーガルリリー⑧が10倍付いている。

荒れ馬場で結果を残しているクッカ⑦も乗るか飛ぶか。

ほとんど完璧な予想だった。

クイーンC2018予想

f:id:toripuran:20180212040221p:plain

テトラドラクマは伸るか反るかで二着以下の評価を低めに。

ツヅミモンにデムーロはかなり行けそうだが、前走フロックの疑惑はぬぐい切れない。

マウレアが実績一番だが、後方からこのスピード、大量のディープ産駒で動かすのは楽ではない。頭はむしろオハナの方が取れるか。

マルターズルーメンとハトホルは絡めてオッズを上げたければ。

 

勝率マトリクス(%) 1着 2着 3着   単勝 複勝
マウレア 15 30 30 実績馬、調教十分。ゲートが悪く、後ろから前の馬に合わせて走ってしまうところがあり、多頭数で頭までは不安。 6.666667 1.333333
ツヅミモン 20 15 5 シンザン記念強引に先行からの二着。調教でも1600馬に圧勝。重賞のデムーロダンスインザダークが京都に比べて東京を苦手とするのが不安要素だが↑。 5 2.5
テトラドラクマ 25 10 5 前走外枠+不利。かなり好調教。東京で勝ってきた馬。ただ不利があると沈むのも事実で、行くか飛ぶか。 4 2.5
オハナ 15 15 10 石橋騎手はテトラでなくこちらに乗る。調教・実力とも十分。特別を勝ってきており、タイムは高水準。新馬戦では外枠からライレローズを差し切る。 6.666667 2.5
フィニフティ 5 5 5 レベルの高い新馬から。好調教でタイムも水準。川田騎手も〇 20 6.666667
アルーシャ 15 5 5 東京でルメールの乗るディープ。初戦鋭さ〇。前の馬をしっかり追えるタイプ。 6.666667 4
レッドベルローズ 0 5 5 鋭いが後方からの馬。オハナには差し負けている。 #DIV/0! 10
ソシアルクラブ 0 0 5 キンカメスペシャルウィーク。後方でこの鋭さでは。↓ #DIV/0! 20
ナラトゥリス 0 5 5 一枠とはいえ、右によれるルーラーシップ。調教も今一つ。 #DIV/0! 10
モデレイト 0 0 5 勝ち切れていない馬だが、ハナがとれて武騎手に乗り替わり。ただまさにマイルで息切れした過去が↓ #DIV/0! 20
ライレローズ 0 0 5 後方からの馬。差しもこの中では上位と言い難く。 #DIV/0! 20
ハトホル 0 0 5 好調教。後方からの馬だが、穴目になるなら。東京で新馬勝ち。 #DIV/0! 20
マルターズルーメン 0 0 5 微妙な実績だが、調教に力が入っており、中山で逆ヨレから差し切って好タイム。 #DIV/0! 20
  95 90 95      

共同通信杯2018予想

f:id:toripuran:20180211011920p:plain

予想

【本命】⑫グレイル2

【対抗】①サトノソルタス10 ⑨ステイフーリッシュ10 ⑩ゴーフォザサミット6

【注意】②カフジバンガード20 ③アメリカズワールド20 ⑤コスモイグナーツ ⑥オウケンムーン20

ほとんどオッズ通り。グレイルがうっかり負けるかどうか。

前日時点のオッズを見ると、単勝複勝では買えるオッズの馬が一等もいない。

あえて言うならグレイルかゴーフォザサミットか。

コメント

⑫グレイル

それなりに自在性があり、末がタイムフライヤーを差すほどなので、文句がない。

血統、実際の走り方ともに東京コースが合いそう。

不安要素は輸送疲れくらいで、基本的にはグレイル+何か。

連対から漏れるとしたら、先行し損ねてマークを外れたサトノソルタスが走るパターンだろうか。

 

①サトノソルタス

相手に一流が三頭いるので、新馬上がりではきついレース。

だが、調教タイム・血統は素晴らしい。この馬が前で暴れると荒れるかもしれない。

 

⑨ステイフーリッシュ

実績的には二番手。

 

⑩ゴーフォザサミット

未勝利戦でくだしたナスノシンフォニーが、ホープフルSで序盤に逃避からの五着。

ステイフーリッシュっと同等か、それ以上と見ても良い。

 

⑤コスモイグナーツ

使いすぎ、実力不足で賭けづらいが、外枠のグレイルやそのマーカーがまとめて落ちるとカフジバンガードともども行ってしまう可能性はあるかも。

 

予想順位マトリクス

予想順位マトリクス(%) 一着率 二着率 三着率
グレイル 50 30 10
ステイフーリッシュ 10 15 15
サトノソルタス 10 10 10
ゴーフォザサミット 15 15 15
アメリカンワールド 5 5 5
オウケンムーン 5 10 15
カフジバンガード 5 10 15
コスモイグナーツ 0 0 5

(このマトリクスの各順位率を掛け合わせたオッズを連系馬券適性オッズの目安にします)

 

買うならまとめて買うべき裏筋

サトノソルタスーアメリカンワールド・カフジバンガード

サトノソルタスがノーマークで暴れた場合行きそう。

 

おまけの1R

予想順位マトリクス(%) 一着率  
サンメイコン 10 東京・人気からスペシャルウィーク血統大幅不利。枠有利。
イザベルローズ 15 やや重で三着まで行ったカジノドライブ産駒なのでやや↓。
フラミンゴ 20 前走それなりに強い競馬で二着。
クインズティガ 5 サウスヴィは東京だと中山よりだいぶ不利↓。
ポートナイトサイト 10 過信禁物。悪くはない。
ウィンメディウム 20 好調教。前走不良馬場後方から三位で、ヘニーヒューズは乾いた方が強い。↑
ドクターデューン 0 好調教。ダート替わりでバトルプランなのは良いが、やや長いうえに牝馬は苦戦気味。
レユシット 5 ルーラーシップ産駒乾いた馬場は不利。前走順位以上の内容。

 

仮想競馬:18年1月14日500万条件1800ダ

京都6R1800ダ500万以下

【本命】テーオーエナジー7.7

【対抗】モズノーブルギフト7.2 グレートタイム1.5

【検討(下降)】スマハマ6 マイネルユキツバキ7.1

【検討(上昇)】ブルベアジネンジョ64.8

 

グレートタイムが追い込み決まらず吹っ飛ぶ方に。

テーオーエナジー⇒モズノーブルギフト、マイネルユキツバキ

が本線で、これにオッズが得ならジネンジョとスマハマ。

 

500円分:

単勝:テーオーエナジー:7.7倍

単勝:ブルベアジネンジョ:64.8倍

複勝:テーオーエナジー:2.2-4.9⇒300

複勝:ブルベアジネンジョ:12.9-31.6⇒100

馬連:テーオーエナジー⇒モズノーブルギフト:25.7倍⇒100

馬連:テーオーエナジー⇒グレートタイム:5.3倍

馬連マイネルユキツバキ⇒モズノーブルギフト:26.6倍

馬単:テーオーエナジー⇒グレートタイム:14.3倍

ワイド:テーオーエナジー⇒グレートタイム:1.9-2.2倍

 

結果:スマハマ⇒グレートタイム⇒テーオーエナジー:0円

内枠のスマハマがすっと前を取ってそのまま勝ってしまった。

上位四頭が持ちタイムを更新、特にスマハマは2秒の更新。テーオーエナジーに負けた新馬戦が不利位置からだったことは承知していたが、今回内枠から好位をとれるとは思っていなかった。

 

以下、予想時に考えたこと

①スマハマ

逃げから好タイムで一着。

ただしスタートはさほどで、後方に回ると厳しい。今回は内枠。

 

②ブルベアジネンジョ

未勝利突破時は逃げを打って好タイム。

今回は初めての連闘。

ずっと追う競馬で不調だったが、相手が比較的強く、上りタイムが40秒台だったものが、前走では改善しての5着。

オッズ次第でくっつけて。

 

③テーオーエナジー

新馬上がりの馬。

スマハマに1.4秒差つけて勝っており、好位先行からの圧勝。

ダートの岩田騎手への乗り替わりもプラスで軸になる馬。

 

マイネルユキツバキ

タイムは今一つだが経験値が多く安定した馬。

差し傾向だが、好位からなので先行馬くらいに見てよい。最後の足がついてこないので、このメンツだと頭はない。

 

⑤グレートタイム

追い込み馬で、暴れながら未勝利戦を圧勝した感じ。

ルメールが折り合いをつけてタイムは素晴らしいが、そもダート単距離で追い込み馬、発馬は悪い。

このオッズなら跳ぶ方にかけるべき。

 

⑥ナムラアッパレ

芝から来た馬。ダートも一度やっているが、いまいち。

陣営コメントも騎手コメントも調教もいまいち。

 

⑦モズノーブルギフト

好位先行から無難に来た馬。

ただし楽な相手でタイムもそこそこ。調教はいいので、連対してくる可能性は高い。

1月14日 未勝利戦

中山1R1200ダ

 

1番人気:セイウンアカマイ

前回の強さを見れば妥当。

2番人気:ヴォルフスブルク

安定馬で調教6点。前が多くない今回こそは頭でも。

3番人気:シセイタケル

調教6点新馬でも強い競馬

4番人気:アールビット

前走も外枠から逃げて3位。今回もメンツ的に頭はないが、入っては来そう。

固めに狙えそう。

 

京都1R1200ダ

◎コマノジャスパ

前走は甚だ遅れた後前進、最後に36.7の上りを見せる。今回は騎手も変わり、先行好位からいければ。調教は5/7点。

1番人気:メイショウカギロイ

前走3位で36.9の上りでフォームはきれい。好位狙いもコースには合う。ただ8枠で短距離ダートの武騎手がどうか。軸だが、頭は必ずしも。調教5点。

2番人気:シャテーヌ

自分で逃げてハイペースでつぶれるような位置。短距離のデムーロは+だが平場。先行読みだが3倍切ってると言われると、跳んだらその方がうまい気がする。4点。

3番人気:メイショウバルコラ

ちょっと謎の人気。調教はいいのが悩みどころ。5点。

 

京都3R1400ダ

◎ヘーザ

前走後ろにずるっと下がり最後の上りが使えず。調教のラストラップがすごいので、本来は行けるはず。

〇タマモオテンバ

良い調教タイム。放牧で+10kgして帰ってきた。

 

1番人気:スーブレット

ルメールだがゲート難で、位置を作るために足を使ってしまうので、頭までは来れないだろう。逆に言うとそれでも一度は3位まで上がっており、複勝圏を洩れることはない。跳んだレースは重馬場。

2番人気: サナコ

マークした相手にはなされていた馬で、いきなりは厳しそう。

3番人気:スキップガール

前残りで勝っただけ

4番人気:ジョーカナチャン

なんでカナロアがダートを走ってるんだ......。それらしい理由も見えない。

調教タイムがいいのだけ気になるが、さすがに。

京成杯予想+単勝閾値オッズ

f:id:toripuran:20180114024052p:plain

 

閾値単勝オッズ(連で買うことを前提にしないので、印と評価が違います)

本命:⑤コズミックフォース4

対抗:④ロジティナ15 ⑧ダブルシャープ15 ⑨サクステッド15 ⑩デルタバローズ10 ⑮ジェネラーレウーノ6

 

ホープフルや朝日杯に出なかった(or負けた)二番手集団のレース。

基準タイム:中山なので2分3秒以内を持っていれば展開次第で。最初の直線の分タイムがばらつくので、むしろスローからなら上がりを35で使える馬、という基準で。

例年の展開:直線をフルに使ってスローな前争い、後方からの差し決着が多い。

枠の有利不利:あまりない。ただし8枠からの先行勝ちは、ここ10年でエイシンフラッシュだけ。1コーナー四番手以内で馬券に絡んだ馬の番号は、6,4,13(←エイシンフラッシュ),5,2,7,3,4とかなり内に寄っている。

人気馬の立ち位置:一番人気は大体複勝圏だが、先行した人気馬(特に二番手以降)が思いっきり沈んだところに差し馬が突っ込んでくる傾向あり。

血統:基本はSS系で、それ以外の馬も35を切る上がりを使ってくる。ディープよりステゴ。

その他:前走では「不人気だったのに好走した」馬が食い込んでくる。ここ五年の複勝圏15頭中6頭が、前走6番人気以下から複勝圏。

 

実績:ジェネラーレウーノ≧コスモイグナーツ>ダブルシャープ>>ライトカラカゼ>ロジティナ

持ち時計実質水準以上:ジェネラーレウーノ>エイムアンドエンド>ギャンブラー≧ロジティナ、コズミックフォース、ライトカラカゼ、ジョリルミエール>タイキフェルヴェール

上がり35秒以内:コズミックフォース、ロジティナ(34)、サクステッド(34-)、ジェネラーレウーノ(34-35)、ギャンブラー(34.5)、ダブルシャープ(~35)、ライトカラカゼ、エイムアンドエンド、イェッツト、コスモイグナーツ(35)

 

以下印象

①イエッツト:前走新馬戦はそれなりのメンバーの中、上がりを含めていい走りっぷり。ただし和田騎手が好位に着けての前残りで、不慣れな面も見せており、調教タイムが上がっているわけでもない。内枠、蛯名騎手はいいが、このメンツで内に揉まれるのは不安。人気なら見送る。

 

②コスモイグナーツ:とてもスタートのいい逃げ馬で内枠。水準の上りは持っているが理想の逃げで35秒。ハイペースではもっと遅い。軸にできそうな馬だが、この馬が勝つ展開で他の馬と組み合わせるのが難しいし、エイシンフラッシュ産駒ってことくらいしかいいところがない。

色々書いたけど、ルーカスといいカフジバンガードといい、おれはワグネリアン以外の東スポ2歳S組があまり好きではないんだな。現地で見てた分。

 

③ヤマノグラップル:さすがに色々と変えすぎ

 

④ロジティナ:前走は大外回して34.3の上り。その前のレースでコスモイグナーツを指し損ねた分、無理をしてでも外を回したものか。大型馬で多頭数を気にしないのも良い。調教も実戦重視で力が入っており、このまま9番人気ならとてもおいしい。

 

⑤コズミックフォース:この中では明らかに上位。キメがあり適性も十分。負けた試合は超ドスロー後方から3位。問答無用で軸。

 

スラッシュメタル新馬は強い競馬。二走目はタイムフライヤーやグレイル相手に強い競馬をしようとして失敗。大敗するほどひどくない馬に見えるので、オッズが低めなら全然いけるライン。

 

⑦エイムアンドエンド:500万を勝ち切る力は既にある。一走目は重馬場強敵謎騎乗で度外視。ただ前残りで勝っている馬で末は切れず、気性もよくないので、ここではないだろ、という感じ......だったのだが、調教はかなり良い。迷いどころなので、展開を前残りに寄せるなら入れるということで。

 

⑧ダブルシャープ:実績上位。ただ距離が伸びるとその分最後のキレが鈍り、差しを前提にするならここはなんとも。

 

⑨サクステッド:新馬の一走目は強い相手と競って好タイムでの一位。二走目は重馬場で惜敗。距離延長はあるが、調教成績もよいし、一着までありうる。パドックを見たいけれど推せる!

 

⑩デルタバローズ:強い相手に強いタイムで勝ってきた見るからに強い馬。ただ雨のマイル新馬戦で勝ってきた外の先行馬を一番人気にしちゃうのはどうなの、という気持ちもあり。こいつが飛ぶ方に賭けたいというか、勝っちゃったらしょうがないかな。

 

⑪ライトカラカゼ:安定した逃げ馬。ただ負けた相手がぱっとせず、前残りで勝てただけなので、切る。

 

⑫タイキフェルヴェール:芝替わり。水準以上だ思うが、連に入れて計算するほどではない。

 

⑬ギャンブラー:立て直している途中で外の先行馬。

 

⑭ジョリルミエール:ギリ未勝利を勝った馬。

 

⑮ジェネラーレウーノ:実力は一番か二番。ただ枠が......。